oxox

日記など
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
イエロー・サブマリン航海記 ビートルズ・アニメーション全記録
イエロー・サブマリン航海記 ビートルズ・アニメーション全記録 (JUGEMレビュー »)
ロバート・R. ヒエロニムス, Robert R. Hieronimus, 清川 幸美
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
引っ越ししました。

33ヶ月間住み、アトリエにもしていた片瀬江ノ島の家(通称アシッドハウス)から

320日、立春の日に神宮前に引っ越し/移転し、もうはや2ヶ月以上経ちました。

環境もかなり変わりましたが

これまでどおり沢山楽しいお仕事を

これまでよりも更に多くの方々と関わって

していけたらと思っております。

これからも宜しくお願い致します。

築きあげてきたもの



2010年。時代がかわった。
2012年には4次元になるそうな。(よく意味はわかってないけど)
2010年の3月1日に始まったDOMMUNE内のUstreamでの音楽/映像配信が、
すでにその意味をうっすらと暗示してくれたように思う今。
今まで沢山のパワーをくれた素晴らしい日本のDJ/創造者達が、
今まで築き上げてきた奥深いものが、これからもっと軽やかな形で認知されて、
フロアで生身の衝撃を与えていくんだろう。
パーティーの凄さは終わらない。
先陣きって技術とセンスを駆使する先輩方には頭が上がりません。

そして今まで私に色々なチャレンジをくださったクライアントの方々にも心から感謝します。

私はというと、長らく構想していたデジタル作品集が、
多くの方のご協力によって、ようやくリリースされとうとしています。
まずは、iPhoneアプリからのリリース。3月後半〜4月頃の予定。
時代ですね。>iPhoneアプリ。時代に試してみたい。
まだ詳細は発表できませんが、UIや構成などもかなり我が儘聞いていただいたので
とても楽しんでいただける内容になる!と思います。
是非多くの方に見てもらえたらなと思ってます。

そして、新しいカメラを手にして、初のフォトディレクションもやらせていただきました。
カクバリズムらイルリメさんの「360°SOUNDS」が発売されます。>4/21

今年は今までやってきたことを土台に、まだまだ足りていないところを勉強していきたい/
そして今まで通り、色々制作していきたい!
そんな風に思っています。骨太元気に!
今年も4649お願い致します!


__________________________________

   もう今は未来だよ
   人間は宇宙人だよ
   生きるコンピュータ
   コンビニの棚のどこになにがあるかなんて馬鹿らしいほどインプット

   ミラクル客観

   時代は変わったのだ
   世紀末をみた地球人が次にみたのは自分の生きて死ぬる世紀
   「今日は何してた?」
   「データの整理さ」

______________________________2005年記
あなたはどうして素晴らしい?


新しい時代の予感をビシバシと感じる昨今。
情報カロリーオーバーの現代社会はそろそろダイエットを始めようとしている?
おいしいレシピやソースや道具はいつでもスピーディーに揃う。
それは早い、早い!

そこで近い未来の私達が選ぶ物はなんだろう?

たまにはジャンクフードもインスタントも必要だけど
できれば愛と栄養のある料理がいい。

壁は誰かがつくる物であり、誰かが壊すもの。守るもの。
軸はしっかりとここにあればどこにだって行ける。
できれば色んな世界を見て考えたい。

そこで出会う無数の人達やものごと。
たくさんの事をたくさんの物事に気づかせる。
何かに対して何かを応える。
その連鎖がつくる今。
「あなたはどうして素晴らしい?」

今まで想像し得なかったものは必ず生まれてくる仕組み。
期待大!


早くて早くて廻りまくったものたちは、
バターになって溶けて。
もうすぐメルティーな世界がくるとも思える。



そんなこんなで今年の自己紹介。
ほぇぇぇーd^〜^b



(^ー^) ノ {春♪)
気がつけば3月も始まって。
だんだんと春の気配を感じています。

自己紹介の記事が、もうだいぶ古くなってきたのでまた書こうと思ったら、
前回の自己紹介はちょうど去年の同じ日に書いていました。
一年経ったです。

日本は四季があってすばらしいですね。

春は朝焼けのように希望に満ちて〜
夏は真っ昼間のようにギラギラ射して〜
秋は夕焼けの美しさに言葉を失い〜
冬は夜の澄んだ空気に星空を仰いで〜

一年を4分割してくれたのはほんとグッジョブですね。
四季が無かったら、一年の思いではどういう感じで記憶されるのでしょう?
区切り方は大分違いそうだな。
そして地球上に程よくナナメに敷かれた私たちの島は
これもまた土地によって個性が出過ぎる仕組みで。凝縮っ
ほんと誰がこんなグッジョブしてくれたんでしょう?
ゴンドアナ大陸?の地殻変動?神?

そういえば、去年の今頃はDE DE MOUSEのPVをつくっていた頃でしょうか。
なつかしいです。むしろ他人が造ったのではと思う程遠いような気がします。
あのPVは、ビジュアル的な映像なので、ストーリーにとてもこだわっている訳ではなく
多分誰にも説明したことは無かったですが、
生命の誕生の後に無意識に刻まれて行く生産とか記憶のことをなんとなく表現したかったです。
DEDE曲の言語は謎なので、映像も具体性のないものにしました。



DEDEさんの映像に関しては、ジャケットとVJが先にあったのでその素材をまとめるような
形でできあがりました。
このYOU TUBEの画像のうずまきシーンは、PVの中でほんの一瞬しか出ないのです。
YOU TUBEはちょうどムービーの真ん中がサムネイルになるので(今は3シーン選べますが)
それを意識してみました。サムネイルみて、そんなシーンあったけ〜。(?)
みたいになればいいなと思って。
east end girlも、VJダイジェストです。
ジャケ画を先に公開していたので、それがサムネイルにくるようにしてキャッチーにしました。



YOU TUBE意識して映像をつくる時はしかけると楽しいですよ!

で、続けてイルリメさんのPVを担当させていただきました。



このPVは是非最後までみていただきたいのです!
よく不審がられるので説明しますが、
「元気でやってるのかい?」
とおせっかいな田舎のやさしいオカンがつくりすぎてしまったアレが降り注ぎます。
要は愛があふれ出てくるです。
…っとプレゼンなってました。
そうではなくて。

映像は学生の頃にどうしてもやりたくて独学しました。
その後、duplexという映像事務所でアルバイトさせてもらいながら、VJもそこでやってました。
今は自宅の事務所兼アトリエでひとりコツコツと造っています。
プロダクトデザイン科時代は、化粧品のデザイナーになりたかったのですが、
鉛筆/筆よりも紙ヤスリな科だったので、卒業してフリーになってからは、
グラフィックに自然と移行しました。
美女好きです。(化粧品のパンフレット収集してます。)
去年一番多かったお仕事はCDジャケットだったと思います。
音楽がすきなので光栄です。
ディスクジョッキもDJ ?(ディージェーハテナ)という名前でたまにやります。
写真は、イベントに良く足を運ぶようになってから、
この膨大な時間になにか自分で制作できるものはなんだろ?と思ったところから始まって、
とても面白くなり、でもスケッチ感覚でFinePixで気軽にやっております。
webは自分で造りましたが、外部ブログをリンクしてまとめているだけです!(Flashできたら楽しそうだなぁ。)
なので、認識としてはイラストレーターもデザイナーも映像作家も写真家も
なんかむずがゆい気持ちになります。

で、年末に、LEON/NIKITAの仕事をさせていただいたのですが。
「艶女(アデージョ)」とか「駄目女(ダメージョ)」ないし「地味女(ジミータ)」
とか「艶男(アデオス)」(!!!)とか、
ちょっとすごいかっこいいじゃないですか。と今更思ったです。
で、自分達は何だろう?と年明けてからずっと考えていました。
そしたらば、おとといくらいにかえさんがいいました。
「パネーゼ」
ぱねーぜ!!
ハンパねーぜ!!!
よしそれで行こうっと思いました。
ただし漢字は思いつきません。

「端無女」?
これはパネージョになりますね。。
もうどれでもいいです。\(^O^)/
(パネーゼいいたかっただけです。)
はじめまして
すっかり春の空気になりました。
異常な体感温度で、人一倍寒がる私にとっては嬉しいことです!
(だからまだあなどれないけど。)

去年のこの時期は、大学の卒業間近で、私は就職が決まっていなく、
卒業式の日に某おかしメーカーのデザイン部に面接に行き、その日に一度断られ、
その晩に「やっぱり君を採用したいんだ」と熱烈な連絡がきたものでした。
結局それから4月半ばになっても何の連絡も来ず、やっと来たがやはり不採用と聴かされるという、前代未聞の状況でした。

大学に入った頃は何の疑いも無く、このばか高い学費を返すために就職するんだ、と思っていました。
自分の居た科は就職訓練校的なとこが大いにあって、ほぼ全員が企業のデザイナーになっていきます。私の周りも例に漏れず、でした。
でもある時期を境に、「なぜこれをそう思うか」と全ての物事に対して思い直し、ぎゅるぎゅるとブラックホールに吸い込まれるような感覚に陥りました。
今まで見ていたもの全部が新鮮にみえました。
環境に適応して「常識」を身に付けることは、それに「気づく」ということを同時にしていないと、まさに洗脳と同じなんだと。
「意に反することを無理矢理覚え込ませようとしていた辛さ」を、その時期の自分は「社会にでる辛さ」と勘違いしていたのだと思います。
自分は宇宙人なのだから、ここ(資本主義)に一生懸命にならなくてもいいんだ!と思えたら幸せになりました。
資本主義というと色々語弊が出ますが、要は私は楽になったということです。

それから1年の行動は、このホームページに載っている作品や、パーティーの写真でご覧になれます。
このブログでも、偶然書きたいと思って書けたものを更新していきます。



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.